よくある質問 / Support

保護者は英語が話せなくてもよいのでしょうか?
基本的な連絡事項は日本人スタッフが日本語で対応いたしますので大丈夫です。
外国人講師から連絡する際には、日本人スタッフが間に入り連絡させていただきます。
小さいうちから英語の生活だと日本語が身につかないのではないですか?
ある言語を習得する上で、その言語を習うのではなくその言語環境で様々な教科を学んだりその言葉に浸かりきった状態であったりすることを「イマージョン教育」といいます。
これは1960年代にカナダで始まり、現在では日本でも増え、世界各地で導入されている言語獲得の手法です。
研究結果によると、英語能力が身につくだけでなく、母国語や全体的な学力も同年齢のモノリンガルの子どもと同程度か少し良いという結果があります。(「バイリンガル教育の方法」中島和子)
ただし、大切なのは母国語である日本語の力をしっかりと伸ばすことと、非認知能力を含めた「生きる力」の育成です。
そのために、園としては英語と日本語をバランスよく使い分けながら質の高い保育を実施していきます。
家庭でもしっかりと時間をとって親子のコミュニケーションをとったり読み聞かせや日本の伝統に触れる経験などをしたりして、お子様の成長をサポートしていただくことが大切だと考えます。
家庭と園との二人三脚が大切です。大切なお子様のためにも、しっかりと連携をとっていきましょう。
言語の習得やお子様の発達のことでご不安などがあればいつでも本園にご相談ください。
小学校にあがってから英語力を維持するためにはどうすればいいですか?
継続して英語に取り組むことが大切です。放課後やお休みの日を使ってなるべく英語を使う環境を続けてください。
当園でも、卒園児に英語に触れる機会を与えられるような取り組みができないか検討中です。