👸HUGっと!プリキュア👸 👸HUGTTO! PRECURE👸

日曜日に、「HUGっと!プリキュア」というアニメ番組が最終回を迎えました。
そうです、女の子が好きなプリキュアシリーズです。ちょうど保育園の年齢の子どもたちが好きなアニメですね。私の世代でいうところのセーラームーンでしょうか?悪役が「クライアス社」というブラック企業だというのが面白かったです(笑)。
アニメなんてくだらない、しかも女の子向けか…と思っていたものの、子どもにつられて見続けるうちに、不覚にも最終回うるうるしてしまうほど感情移入してしまいました💦

最近だと「グリンチ」や「リメンバー・ミー」を見てもじーんときますので、年を取って涙腺がゆるくなってきてるんでしょうか…。

ちなみにアニメのテーマは「子育て」なんです。しかも、キャッチコピーは「なんでもできる!なんでもなれる!輝く未来を抱きしめて!」です。なんだかうちの園にぴったり!(笑)。

シリーズ初の男の子プリキュアを通してジェンダーのことや、ブラック企業、いじめなどの社会問題にもふれている作品でした。

それにしても、大人でもおもしろいと感じるなんて日本のアニメはやはりすごいなぁ…と思っていたら、エンドロールのスタッフに外国人の名前がたくさん!ジャパニメーションにも国際化の波がきているのでしょうか…

The animation program, “Huggto!Precure” which airs on television every Sunday, ended this week with its final episode.
The program is for little children around preschool going age (especially girls).
First, I thought it was a program for little children and imagined how cheesy that was, but as I watched the episodes with my daughters, I actually enjoyed all of them to bits.

The theme of the program was”raising children”. The catchphrases were, “You can do anything. You can become anyone. Embrace your shining future.”. Sounds just what our preschool is aiming for. (LOL) We are going to educate the children to be independent and confident about their dreams, desires, and achievements.

It was also interesting how the television animation program also addressed issues of gender by casting a boy for the first time in its series, with dishonest companions, bullying, together with other social issues.

Again. I was impressed by how amusing Japanese animation was, but looking at the credits roll, there were many names of foreigners. I felt that Japanimation is also becoming international!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする