🌜AICJ中学高等学校の先生来園!🌛 🌜AICJ Junior & Senior High School teacher visit!🌛

最新の文科省の調査によると、全国の中学生の英検3級レベルの取得率が42.6%、高校生の準2級レベルの取得率が40.2%ということです。

ちなみに全国の英語担当教師英語力を見ると、中学校英語教師で英検準1級を取得している数は全体の36.2%だそうです。高等学校の英語教師で68.2%です。英検1級のデータはありませんが、一般的な合格率は1割程度ということなので、実際にデータをとれば10%を切るのかもしれません。

【参照:文科省 平成30年度「英語教育実施状況調査」の結果について】
http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/gaikokugo/1415042.htm

According to research conducted by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science, and Technology, the level of English ability of 42.6% junior high school students nationwide is Eiken 3rd level. For high school students, 40.2 % passed Eiken pre-2nd level.

Looking at the records of junior high school English teachers, 36.2 % passed Eiken pre-1st level. For high school English teachers, 68.2% passed. There was no data regarding Eiken 1st level, but the passing rate is about 10%, so the actual number of English teachers who have Eiken 1st level is probably less than 10%.

英語の教員でさえ取得するのが難しい英検1級と準1級。その英検1級に23名、準1級に142名合格した中学高等学校が広島県にあります。それも、普通の日本の小学校を卒業して英語力がほぼゼロで入学した生徒さんも多数とのことです。

【AICJホームページ】

http://aicj.ed.jp/result/eiken.html

それが、広島市安佐南区にあるAICJ中学高等学校です。こちらは英語イマージョン教育や国際バカロレアを取り入れた、国際教育に特化した学校です。

【AICJホームページ】

http://aicj.ed.jp/

英語力の伸びがとてつもないだけでなく、国内外の名門大学へも多数合格しているそうです。

It is difficult even for English subject teachers to pass Eiken 1st and pre-1st level tests.

There is a school in Hiroshima, where 23 of the students passed the Eiken 1st level and 142 students also passed the pre-1st level. Many of the students spoke zero English when they first enrolled in the school.

The school is called AICJ Junior & Senior High School. This school implements English immersion education as well as the International Baccalaureate program.

こちらの学校から、以前一緒にお仕事をさせていただいた先生にご来園いただきました!経験豊富でダンディな、私の尊敬する先生です。約10年ぶりの再会で、昔話に花が咲きました😄

A teacher from AICJ visited our preschool! He is a great and experienced teacher whom I respect so much. It has been about 10 years since we last met. During the visit, we talked about old times😄

先生によると、AICJの生徒さんの高い英語力のヒミツは、やはり外国人教員による質の高い英語教育と、常に英語にふれることのできる環境だそうです。また、英単語の学習など、本人の努力ももちろん大切とのことです。

According to him, the secret of the high English proficiency at AICJ is due to the high-quality English education by native English speakers, and the environment is full of English. Of course, the students’ efforts toward improving their English by studying new vocabulary is also important.

ちなみに日本英語検定協会によると、学習開始時期の違いによって、英検1級や準1級の上位級取得率に違いがあるそうです。やはり英語の早期学習は効果的であるとのデータがあります。

By the way, research by Eiken Foundation of Japan indicates that the earlier one starts studying English, the more able one becomes in passing the higher grades such as Eiken 1st level or pre 1st level.

【日本英語検定協会:英語力とQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の関係性調査結果】

https://www.eiken.or.jp/association/info/2016/1219_01.html

子どもたちの年齢は違えど、英語イマージョン教育や国際バカロレアなど、本園とも共通する部分もあります。英語に興味を持ち、国際感覚を育むことは、卒園後の英語力の育成にもつながります。小学校中学高校で学力を上げていき、その後の人生においても生涯学習者として成長を続けていくためには、幼児期の人格形成が大切です。非認知能力を始めとした幼児期に重要であるとされる資質能力をしっかり育てることができるよう、本園も引き続き質の高い保育が提供できるよう努めてまいりたいと思います!

Although there are age differences between students of AICJ and MIP, there are some things both institutions have in common. For children to academically succeed after graduating from our preschool and even after they become adults as lifelong learners, early childhood education is extremely important. We strive to offer high-quality education and childcare so that we can nurture children’s abilities, growth, and also their non-cognitive skills development.